読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・感傷の間隙

日々の基本的なことをつづるブログです。mixiのコピー記事がたまにあります。プロ野球、ガンプラ、アニメなど。

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第34話「ヴィダール立つ」

「浮かれているのかもしれないな。ようやくこいつと共に戦えることに」

ガンダム・ヴィダール初出撃。差し替えのレイピアやハンドガン、ブレードキックを使った戦い方は確かに美しいなぁ。相手が雑魚だったのと、「システム周り」のこととか未だに明かされてない部分も多いけど、プラモは確実に欲しくなった。一方まったく役に立たないイオク様……。活躍の場面は来るのか……。

鉄華団サイドは新型獅電の搬入。王座ってことは、いよいよオルガ出撃かな。一方でテイワズ傘下の組織が勝手に動いたということで、テイワズににらまれる可能性も出てきたか。鉄華団が巨大になればなるほど後ろ盾がなくなっていく展開、ワクワクはするが辛いな。このまま大人しくマクギリス傘下に入るとは思えないし……。

しかし一番驚いたのはおやっさんとメリビットさんが付き合ってたことだろ!!どういうことだよ……。